リスクマップを企業が導入するメリット

宮崎で保険の相談は保険セブン宮崎店へ!

 

お世話になります。保険セブン宮崎店の高妻です。本日の情報提供はこちら。

『リスクマップを企業が導入するメリット』について。

 

そもそもリスクマップというのは何??って方もいると思いますのでリスクマップについて簡単にお伝えすると、リスクマップとは、リスクの大小を俯瞰的な視点で閲覧・比較・理解できるようにするために描かれる図表類のことになります。

これは法人に限らず事業主の方にも言えることであって、要は御社の事業に関連することをすべてマップとして作成することで顕在化されているリスクだけでなく潜在的なリスクまでも俯瞰的に見ることができるというメリットがあります。

すでに顕在化されているリスクについては保険として対応されているかと思いますが、潜在的なニーズというのは今回のようなリスクマップを作成し可視化することで初めて見えるものも少なくありません。実際に企業や事業主の方でもこういったリスクマップを作成されている企業も最近では増えているように思います。

 

また、時代と共にリスクは変化していきます。

以前も書きましたが、現在はマイナンバー制度の導入で企業は従業員さんのマイナンバーを管理しなければならなくなりました。(参考:『マイナンバー導入で起こる企業のリスクとは?』)

他にも病院関係や整骨院、福祉関係をはじめ、美容院や飲食店・・・他にも様々な業種で顧客の個人情報を預かっていていると思います。これまでは、そこまで表面化されていなかったことまで最近では”個人情報”という形で色んな問題になっています。

 

このように、これまでは深く考えずに済んでいたことも今ではそうはいきません。そして、そういうリスクを企業として把握しているならまだしも、そもそもリスクとして気づいていない部分を多く残している企業もまだまだあると思います。

そういう意味では今回のリスクマップの作成というのは、御社の事業に関わることのなかで一体どういうリスクが潜んでいるのか?ということを把握する良いキッカケになると思います。

 

保険セブン宮崎店では現在、このリスクマップの作成を無料で行っておりますので、法人・個人事業主問わずリスクマップの作成をしてみたいと思われた方はお気軽にお問い合わせください!

リスクマップの作成までの流れは以下になります。

 

  1. 一度、お伺いさせていただき事業に関連することなどの聞き取り(打ち合わせ)をさせていただきます。
  2. 聞き取りし内容をもとに弊社のほうでリスクマップの作成を行います。
  3. リスクマップの完成後、再度訪問させていただきリスクマップの共有作業を行います。

 

以上が大まかな流れになります。

また、誤解のないようお伝えしておきますが、リスクマップの作成を依頼したからと言って保険に加入しなければいけない・・・ということはありませんのでご安心ください。リスクマップをご覧いただき、保険の加入が必要だと御社が感じられたのであれば、その時は保険のご相談をしていただいた構いません。

 

今回は『リスクマップを企業が導入するメリット』についてお伝えしましたが、このリスクマップは本当に企業全体でリスクの共有ができますので一度作成をされてみると非常に参考になると思います。未導入の企業様、個人事業主様は本当におすすめ致します。

 

それでは、本日は以上です!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ