生命保険の名義貸しを甘く見るな!?

お世話になります、
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日のコンテンツはこちら。

『生命保険の名義貸しについて』

 

生命保険の名義貸しとはその名のとおり、
生命保険の契約にあなたの名前を貸すこと、です。

 

これは保険業界では悲しいですが実際に行われている事実です。

保険会社の営業マンは自分の成績(ノルマ)のために
こういったことをしているに他なりません。

私も同業者としてこのノルマについては痛いほど気持ちは分かりますが、
でもダメなものはやっぱりダメなんです。

また、当初はお互いの中で納得して名義貸しをしたとしても、
給付金が支払われる際などに必ずモメる原因となります。

 

この名義貸しについては保険業法にも抵触しますので
事が公になれば当然、その担当者(営業マン)には重い罰則が科せられます。

そしてあなた自身にもメリットなどは正直、どこにもありません。

 

仮にその担当者が保険料の建て替え払いをしてくれているうちは
名義貸しの事実が分かることはないでしょう。

ただ、保険料の支払いをせずそのままの状態
(保険料の引き落としが滞っている状態)にしておくと
『失効中』という状態でずっとその記録が残り続けるわけです。

場合によってはタチの悪いお客(いわゆるブラックリスト)として
あなたの名前が残り続けることになります。

 

こうなると新たに保険に加入しようとしても
成立させるまでに膨大な時間がかかりますしとても困難になりますし、
もしくは加入できない場合も出てくるかもしれません。
(実際に私も以前、こういったケースがあり、
新規の契約に関してとても大変だった経験があります。)

また仮に、名義貸しの事実が保険会社に分かってしまった場合、
最悪は同社内で加入している別の保険も解約させられるケースもあるでしょう。

これらのことを考えると生命保険の名義貸しは、
あなたにとってメリットは一切なく『不利益』(デメリット)しかありません。

 

最初にお伝えしたように、
保険業界は特にノルマが厳しい業界でもあり
こういった名義貸しが今でも行われていることも決して少なくありません。

ですが、やっぱり長い目で考えてみると
担当者にとってもあなたにとてっても決して良いことではありませんので
人間関係を崩す原因にもなりかねませんので
くれぐれも名義貸しなどはしないようにして下さい。

『百害あって一利なし』です。

知人の担当者(営業マン)を想う気持ちは分かりますが、
あなたの知人にもこれらのことをしっかりと伝えお断りするようにして下さい。

 

また、過去に名義貸しをした、
という方でお困りの方がいらっしゃればいつでもご相談ください。
一緒に解決策を考えていきましょう。

お問い合わせは上記のお問い合わせフォームよりお願い致します。
メールでもお電話でも構いません。

 

では、本日は以上です。
また次回!

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ