ガン保険は必要?必要ない?

お世話になります、
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日のコンテンツはこちら。

『ガン保険は必要なのか?』について

 

ガン保険はガンに特化した保険になります。
ガンの治療を目的として入院された時や通院された時の
治療費をまかなうための保険であり、
ガンになった時のあなたの経済的負担だけでなく
精神的負担を軽減させてくれる保険といえるでしょう。

 

では、ガン保険は本当に必要なのでしょうか?

私個人的には必要な保険だと考えます。

 

ガンについては発見された時の状態にもよりますが、
基本的に通院で治療(抗がん剤)を行うケースが非常に多いです。
(現在の入院日数は短いケースが多い)

そして、この抗がん剤の治療費が高額だったりするわけです。
一度に何万円という金額が必要な場合も普通です。
(実際に私の身近な人間はそうでした。)

基本的にガン治療にかかる費用は高額だ、
という認識は持たれておかれると良いと思います。

 

また、実際にガンに罹患された場合、
お仕事を休んで治療に専念される場合もあると思います。

そうなると現実的に出てくる問題としては
なにも治療費のことだけではありません。

治療のために休職や退職した時の減収の補填、
お見舞いのお返しや治療のためにかかる交通費など、
実際には治療費以外にかかる費用もあるわけです。

もちろん治療費に関していえば、
高額療養費制度があるので健康保険が適応される治療費については
ある一定の金額を超えた分についてはお金は戻ってきます。
>>高額療養費制度について(厚生労働省ホームページより)

ただ、そういう制度を利用したとしても、
実際には一定の費用はかかるわけです。

 

また、健康保険適用外(先進医療など)の治療を受ける場合、
ココにかかる治療費は基本的に全額自己負担となります。

そして身内からすれば、
大切なあなたを何とかして治してあげたい、
という気持ちでいるでしょう。

そんな時に金額面で選択肢の幅が狭くなるのは
やっぱり身内としても辛いものです。

こう考えると、ガンの治療にかかる費用の心配をしなくて済む、
ということだけでもガン保険を検討する価値は
十分にあるのではないでしょうか。

 

ここで実際に私がお客様から聞いた事例を1つご紹介します。

以前、あるお客様(T様)からガン保険に加入したい、
という連絡がありT様宅で面談をしたときのお話です。
(4年ほど前です)

私はある保険会社のパンフレットを持参し
T様にご提案をさせていただきました。

するとT様のほうから『診断給付金は300万は付けてほしい』
という要望をいただきました。

通常、ガン保険のパンフレットでは診断給付金が100万
となっているものが多いため逆に私はT様にその理由を聞いたわけです。

 

すると、以前にお姉さんがガンに罹患したことがあり、
その時にお姉さんが加入されていた給付金が300万ほどついていたようで
そのお金をもとに治療に専念できた、という経験をされていたようです。

この時に少なくとも300万というお金があったことで
お姉さんやT様のお金に対する不安はなかったようです。

逆の見方をすれば、こういったまとまったお金がないと
まずはお金の工面のことを考えなければならない
ということです。

私はこの話を聞かせていただいた時に
とても良い経験をさせていただいたと心から感じました。

 

要するに、実際あなたが『ガン』と診断された時に
まず誰でも精神的なショックがとても大きいのです。

そして、その事実を受け止めて治療に専念していくことになりますが、
この時にまとまったお金があるのとないのでは
精神的な負担がまったく違うということになります。

 

本来、保険とは『不測の事態』に備えるものなので
何もなければその保険料は人によっては「無駄」
感じるかもしれません。

ただ、不測の事態になってしまった場合に
あなたの力になってくれることもまた、事実
です。

ガン保険は必要なのか?必要ないか?については、
以上のことを踏まえて考えてみてはいかがでしょうか!?

 

本日は以上です。
では、また次回!

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ