労災上乗せ保険※一人親方は補償される?(一人親方さん向け)

お世話になります。保険セブン宮崎本店の高妻です。ここ最近は日差しも強く天気のいい日はとても暑いです・・・夏のにおいがプンプンしますね。

さて、本日は前回の続きになります。テーマは、建設業の現場に入られる一人親方さんについて。

前回の記事:>>労災上乗せ保険※一人親方は補償される?(元請様向け)

まずは、前回の記事で建設現場に入られる一人親方さんは元請さんの加入されている『政府労災』(国が運営する保険)では補償の対象にならないというお話をしました。(※特別加入をされている一人親方さんは補償の対象となります。)

なので、そういった一人親方さんを補償できるように元請さんも何かしらの労災上乗せ保険に入っているわけです。ただし、民間の提供する労災上乗せ保険も一人親方さんを補償できるもの、そうでないものがあるのです。

だからこそ、一人親方さんも現場に入る際には労災上乗せ保険の加入が条件になっている現場も増えてきているのでしょう。特に元請さんが全国展開しているような大手の企業さんの現場では一人親方さんも労災上乗せ保険の加入を義務付けているところが多いような印象です。

一人親方さん向けの労災上乗せ保険は少ない

では、この宮崎で活動されている一人親方さんも何かしら労災上乗せ保険、もしくはその代わりになるような保険に加入しなければいけないのですが・・・現在、一人親方さん向けの労災上乗せ保険を提供している保険会社が実は少ないのです。

もともとは多くの保険会社が一人親方さん向けの労災上乗せ保険を扱っていましたが現在ではわずか。

また、仮に保険に加入されているとしても保険証券を拝見させていただくと非常に補償内容が不足しているものが多いというのが僕の印象です。もちろん、保険料も安いのですが・・・。

ですが、やはり一人親方さんで活動されている以上、元請さんの労災も補償の対象外となると、自分自身できちんとした内容の保険に加入しておく必要があると思います。実際に僕のお客さんで一人親方として活動されている内装屋さん、大工さんは多いですが、そういった方向けの『一人親方プラン』を作成してご加入いただいています。

建設業の現場は気をつけていてもケガの多い業種です。だからこそ、普段から事故(ケガ)などないように安全管理に気をつけていると思います。

ただ、どんなに気をつけていたとしても事故(ケガ)があるときはあります。そんなときのために労災上乗せ保険というものがあるので、現在ご加入されている補償内容の確認、また未加入だという方は一度見積りでも取られてみると良いと思います。

保険セブン宮崎本店でも一人親方さん向けの商品は取りそろえてありますのでお気軽にお声がけください。

それでは、本日は以上です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ