自動車の盗難ランキングが発表された!

お世話になります。保険セブン宮崎本店の高妻です。ちょっと忙しくてブログの更新ができていませんでした^^;

さて、本日はタイトルのとおり『自動車の盗難ランキング』についてです。少し前になりますが、日本損害保険協会は3月29日、第18回自動車盗難事故実態調査の結果を発表したようです。

これまでの盗難ランキングと大きく異なることはなく、やはりランクインするのは定番の車種でした。

自動車の盗難ランキングの結果は?

最も被害台数が多かったのは3年連続でトヨタ『プリウス』。

自動車盗難事故の実態調査は、自動車盗難の防止対策の一環として、損害保険会社が2016年11月に保険金を支払った事案(車両本体盗難300件、車上ねらい・部品盗難455件)を対象に実施したようです。

その結果、自動車盗難認知件数は減少傾向にあり、前回の調査(2015年11月)と比較すると、車両本体の盗難が12件、車上ねらい・部品盗難が35件と減少傾向にあるようです。

ただ、1件あたりの盗難被害額は増加傾向なんだとか。

また、初度登録から車両本体盗難までの期間が5年未満の車両が増加しているようで防盗性能の高い車両でも被害にあうことが伺えるとのことです。イモビライザーの搭載で車種によっては盗難件数も減ったようですがプリウスに限っては前年と変わらない・・・というデータも出ていますね。

ちなみに、盗難の多いワーストランキングは、プリウス、ハイエース、ランドクルーザー、アクアの順で3年連続で順位に変動はないようです。しかも、ワースト4車種で全体の52.3%を占めているようで、上記の特定車種に盗難被害が集中していることが分かりますね。

また車上ねらいや部品盗難では、外装部品(バンパー・ドアミラー等)の割合が増加傾向にあり、それ以外はバッグ類やタイヤ・ホイールが増加。カーナビは減少傾向にあるとのことです。

日本損害保険協会では、イモビライザーやバー式ハンドルロックなどの活用、防犯設備が充実した駐車場の利用、貴重品等を車内放置しないなど、防犯対策を呼びかけています。

自分の車は大丈夫だろう・・・と思わず、できる備えはしっかりしておくことが大切なのかもしれませんね。自動車保険は車両保険を付帯し、盗難事故に備える必要がありそうですね!

過去の体験談より

余談ですが、僕は若いころにワーキングホリデーでオーストラリア(ゴールドコースト)に10ヶ月ほど行っていたことがあります。非常に済みやすい街で個人的には宮崎と似ているな~と思っています。(左車線だし海に面して町が栄えているところなど。)

そんなオーストラリアでは毎日、シェアメイトとサーフィンに行っていたのですが、そんなある日、海から上がると車上荒らしに会っていました。やはり、日本人をお金持ち・・・そんな目で見ているオージーがいるのは事実。

ただ、当時の僕らはオーストラリアは車上荒らしが多いということと車の盗難も多いということは周りから聞いていたので、ハンドルは必ずロックしていましたし、必要以上のものは海には持っていかなかったため被害はほとんどありませんでした。

何が言いたいのかというと・・・ほんの少しで良いので日頃から防犯意識を持っておくことは大切なことだということです!

日本という国はやはり治安の良い国だし僕を含めたほとんどの方が防犯意識が低いと思います。そういった部分をついて窃盗団はあなたの大切な車を狙ってきますので、やはり意識しておくことは大切かと思います。

話が逸れてしまいましたが、本日は以上です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ