通販型の自動車保険に加入する際の注意点

お世話になります。保険セブン宮崎本店の高妻です。今日は、これまで実際に僕のまわりで起こった事例をもとに書こうと思っています。

今日のテーマというのが『通販型の自動車保険に加入する際の注意点』について。

現在、自動車保険というのは対面型(代理店から加入するタイプ)と通販型(ネット通販やCM等で流れているタイプ)に分かれます。すでにご存じのようにそれぞれにメリット・デメリットがあるのですが、ここでもう一度簡単におさらいしてみましょう。

対面型と通販型自動車保険のメリット・デメリット

対面型の自動車保険のメリット・デメリット

  • メリット
    事故現場に担当している保険代理店がかけつけ現場でのフォローをしてくれる
    様々は変更などの手続きなども担当の保険代理店さんがしてくれる
  • デメリット
    保険料が通販型に比べると高い

通販型の自動車保険のメリット・デメリット

  • メリット
    保険料が安い
  • デメリット
    すべての手続きを自分自身で行う必要がある
    事故の際に現場にかけつけてくれる人がいない

上記が双方の自動車保険のメリット・デメリットになります。

では、ここから今日の本題に入ります。今回のテーマでもある”通販型の自動車保険に加入する際の注意点”についてですが、この部分は本当に重要なので知っておいたほうが良いと思います。

適正な補償内容かの判断ができない

通販型自動車保険のデメリット部分で書いた『すべての手続きを自分自身で行う必要がある』という部分です。特にネット系の自動車保険で加入される方、もしくは加入されている方は知っておかなければ事故の際につらい経験をすることになるかもしれません。

契約手続きをする上で補償内容をあなたご自身で決めていくことになるのですが、当然、あなたは素人なので各1つ1つの項目の意味を理解していません。また、多くの方はどうしても保険料に目がいくので、心理としては少し手も不要なものは外して保険料をおさえたい・・・という気持ちになるでしょう。

ですが、本当に必要な補償、もしくは付けておいたほうが事故の際には必ず役に立つという部分まで外しているケースというのも実際には少なくありません。これは、やはり素人であるが故の結果だと思います。

実際にあった事例

ここで実際にあった事例をお伝えします。

Aさんという方がBさんに追突してしまいます。追突というのは『100:0』なので今回の場合でいうとAさんの過失は『100』、Bさんの過失は『0』となるわけですね。そして、Bさんの車の修理代が今回は50万円。

早速、Aさんは保険会社に連絡をして今回に事故を任せました。すると保険会社のほうから驚きの回答がきたのです。その回答がこちら。

『B様のお車の評価は多く見ても10万円ですので、今回のお支払いの総額は10万円となります。』

何故だか分かりますか?

実はBさんの車は年式も古く車自体の価値(評価)が低かったのです。

保険会社は基本的にその車の評価(時価額)以上の支払いは原則しません。なので、今回のAさんの保険会社からの返事というのは妥当なわけです。ですが、そう言われてもAさんの気持ちは納得できませんね。だって、こういった時のために自動車保険に加入していたわけですから。

ですが、保険会社の返事は変わらず結局は差額は自腹で支払うという結果に。

実は、こういったことは普通に起こり得ることで、車に限らず形あるものはすべて年数と共にその価値は下がっていくわけです。だからこそ、自動車保険には『対物超過』という特約があるんですね。

これは、被害に遭った車の修理代がその車の評価額(時価額)を超えた場合(今回のようなケース)にその差額をお支払するという優れた特約なんです。今回の事故の場合でも、Aさんがこの特約を付けていれば何の問題もありませんでした。ですが、実際には付けていない・・・。

では、何故こういったことが起きたのか?というと・・・

やはり、自分自身で補償内容を決めていたために素人の判断だったわけです。もちろん、通販型の自動車保険に加入されている方のなかには事前に勉強されてきちんとした補償内容で加入されている方もいるでしょう。ですが、その逆もまたいるのです。

これは実話であり、こういったことが起きているのは事実です。

まとめます。

通販型の自動車保険に加入する際の注意点とは?

通販型の自動車保険が悪いとは言いません。ですが、自動車保険というのは万が一のときのためのも。その万が一のときに役に立たないようではまったく意味がありません。

確かに事故がなければ保険料は安いです。事故がなければ高い保険料は捨て金かもしれません。ですが、保険料ばからいに目が行き過ぎて大切な部分が抜けているようでは本末転倒ではないでしょうか。

なので、通販型の自動車保険に加入される際には、必ず保険に詳しい人に確認しながらきちんと補償内容を確かめて加入するようにしてください。これは絶対に必要だと思います。

また、現在は僕ら保険代理店が扱う自動車でも保険会社各社で保険料に差があるので対面型の自動車保険を希望するけど、その中でも安い保険会社を知りたいという方は気軽にご連絡ください。契約するしないには関係なく保険セブンのほうでお見積りをご提示させていただきます。

それでは、本日は以上です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ