台風22号の被害から火災保険を学ぼう!

台風22号影響で2人けが 宮崎
(※NHK NEWS WEBさんより)

お世話になります。保険セブン宮崎本店の高妻です。今回の台風22号ですが、思った以上にすごかったですね。今回は宮崎市内各地で冠水被害や風災被害などの報告が上がっています。特に海沿い(青島、内海、日南方面)は激しかったようですね。ネットやSNS(フェイスブックやツイッターなど)を見ても台風22号の投稿がかなりの件数アップされています。

今回は台風22号にちなんで保険請求の情報提供をお伝えしておきます。過去記事にも書いているかもしれませんがご存知の方はおさらいの意味で、初めて読まれる方は学ぶつもりでお読みください。今回は火災保険のお話です。

ちなみに、火災保険で支払われるのは建物というイメージを持たれている方もいますが、現在の火災保険の対象範囲にはほとんど門、塀、物置、ガレージなども含まれていますので万が一被害に遭われた方は一度問い合わせてみましょう。

台風被害で請求できる可能性があるのは?

台風被害で請求できる可能性があるのは下記の3つ。

  1. 風災
  2. 水災
  3. 他物の飛来

それでは順に見てみましょう。

風災

風災はその名のとおり、”風”による損害(被害)のことを指します。突風や強風で建物の一部がはがれたなど、風によることが原因で建物に損害が出た場合に対象となる項目です。

各保険会社の商品(補償内容)によってはフランチャイズ方式といって20万円以上の損害が出てはじめて支払えるという内容のものもあるのでそのあたりは担当者に確認されてみると良いと思います。

補足ですが、フランチャイズ方式のものでも損害額が20万円を超えるものは根っこから支払えます。仮に損害額が215,000円だった場合は、差額の15,000円を支払うのではなく満額の215,000円が支払えるということです。

 

水災

水災は、”水”による損害(被害)のことを指します。

今回の台風22号の場合で見てみると、雨風が強かったため、それらの損害が多いと予想されますが・・・この時に台風による雨で床上浸水した場合は台風災害(=風災)となるのか?水災(水害)になるのか?ということを思われる方も多いでしょう。

結論から言うと、台風の雨による水害であっても水による損害なので”水災”で補償されることになります。ただし、台風中の激しい雨によって”雨漏れが生じてでた損害”については風災の支払い対象であり水災では支払えません。

水災の支払い方については、やはり補償内容によって異なり、実損額=支払額(実際の損害額が=支払額になるもの)やある一部減額されて支払われる内容のものもあるので、このあたりについても気になる方は担当者に確認しておくほうが良いと思います。

 

他物の飛来

他物の飛来による損害というのは、簡単にいうと”外部から飛んできたものによる損害”ということです。保険会社のパンフレットに書いてある事例としては、

  • 車が家に突っ込んできた
  • 野球ボールが飛んできて窓ガラスが割れた
  • 強風によって看板が飛んできて外壁に損害が出た

こんな感じのものが挙げられていると思います。では、今回の台風22号のように風が強くて物が飛んできた場合は風災と他物の飛来ではどちらで補償されるでしょうか?

正解は『風災です。

こちらは、今回とある保険会社の担当者にも確認しました。外部から飛んできた物によっての損害であっても、台風中にでた損害については風災での支払いになるとのことでした。逆にいえば、台風ではないときに強風などで外部から飛んできた物によってでた損害は”他物の飛来”で補償されるということですね。

 

いかがだったでしょうか?

今回の台風2号は雨風が非常に強く実際に被害に遭われた方もいらっしゃったと思います。ですが、建物に損害が出たものについては基本的に火災保険で支払われますので、もし被害に遭われた方はまずは担当者の方に相談してみると良いと思います。

また、今回お伝えしたように台風損害は火災保険で支払われますが、補償内容によっては支払われない、もしくは減額して支払われたりというケースもありますので今回被害に遭われていない方も一度、補償内容の確認はされておいたほうが良いと思います。

面倒くさい・・・という方は高妻宛てに保険証券の写メなどを送っていただいても構いません。LINEでもOKです。LINEで依頼するという方はこちらからお願いします。

何もないことが一番ですが、何かあったときに助けになるのが保険です。万一のときに困らないよう補償内容の確認は是非ともしておいてくださいね。分からないことなどはいつでもお気軽に聞いてもらって構いませんので^^

というわけで、本日は台風22号をもとに火災保険についての情報提供でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ