マンション業界も変わり始める兆し!?

こんにちは。保険セブン宮崎本店の高妻です。ここ最近は非常に暖かく春の陽気を感じますね。『ハ~ルよ来い~。は~やく来い(笑)』

さて、先週の土曜日に宮崎県マンション管理士会主催のセミナーに参加してきました。これは管理組合さま向けに企画されるセミナーで毎 回、いろんな講師をお招きし管理組合さまにとって様々な情報提供をするというものなんです。

今回の講師は2名。それぞれ、マンション管理に必要な知識を非常にわかりやすく話されていました。管理費の滞納問題だったり施工や瑕疵に関することだったり。

そして今回、マンションの施工や瑕疵について講義されていた『(株)住宅あんしん保証』の五十嵐さんの講義を聞いて個人的に感じたことがありました。

それが、マンション業界も少しずつ変わっていくのかな??ということ。

管理組合さまの意識次第で大きく変わる!

五十嵐さんも言われていましたが、マンションの資産価値を向上していくためにはやはり管理組合が機能して管理そのものに対しての意識の改革が必要だそうです。

確かにそうだと思います。

やはり、マンションは資産ですから、価値が上がるか下がるかは日頃からの管理が大きく影響するといえると思います。そのためには管理組合さま自体がしっかりと意識を持ち管理そのものに向き合うことがはじめの一歩。

自分たちの資産であると認識し、その資産価値を向上させていくために何が必要なのか?ということを再確認する必要があると思います。

正しいものは放っておいても広まっていく!?

そのなかでマンション保険も然りです。

今回、たまたまだったのですが、五十嵐さんの講義内容のなかに保険についてのこともあったのです。本業が瑕疵保険に関わっておられるので火災保険(マンション保険)や業者さんの賠償保険などの周辺知識のことに対しても非常にわかりやすく話されていました。

そしてマンション保険の話になりましたが、マンション管理のプロ(マンション管理士)が診断をして、その結果に応じて保険料が決まる日新火災のマンションドクター火災保険を『良い保険だ』というふうに言われてました。

マンション保険の専門サイトのほうでもお伝えしていますが、現在のマンション保険というのは全国的にみても管理会社から加入しているケースがほとんどだと思います。

しかし、それは管理会社が扱っている保険会社のみの保険料ですべての保険会社の保険料を比較して契約されているものではありません。また、管理会社は日新火災を取り扱っていない(取り扱えない理由がある)ので、日新火災のマンションドクター火災保険のことを知っていても管理組合さまには伝えません。

ですが、今回のセミナーのように、マンション業界にかかわる保険代理店以外の方があのように紹介している事実を見ると、遅かれ早かれマンション業界に正しい情報が広まると思います。

伏せようとしても、今は情報を収集する術はいくらでもあるので価値のある情報は必ず広まっていくはずです。

そして、地方だから伝わらないということはないと思います。管理費(=保険料に充てられる費用)は、やはり住民さんたちから集める大切なお金なので、きっとどこからか情報は伝わっていくと思います。

やっぱり、正しいことって広がっていくのだと感じたセミナーでした。

宮崎のマンション管理組合さまでお困りの方はお気軽にご相談ください。前向きな管理組合さまを精一杯サポートさせていただきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ