定期付き終身保険とは?

お世話になります、
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日のコンテンツはこちら。

『定期付き終身保険とは?』について

 

 

この商品、実はとても多くの方が加入している商品、
といえるかもしれません。

特に現在、50代~60代の方はもしかすると
2人に1人くらいは加入しているかもしれません。
それほど以前は主流となって販売されていた保険です。

 

ではこの定期付き終身保険とは一体どんな保険なのでしょうか?

 

これは、その名のとおり、
終身保険と定期保険が一緒になっている保険、ということになります。

終身にあたる部分はたいてい死亡保障(主契約)になっていて、
定期にあたる部分は医療やがんなどの特約の部分になります。

 

そして、ここからが大事なところ。

「すべての保障が終身!」だと思っている方が多いのですが、
実は、終身保障されるのは「主契約」だけで残りの「特約」は、
すべて一定期間だけ保障される、いわゆる定期
なんです。

 

先日の記事でもお伝えしたとおり
保険商品は通常、主契約と特約で構成されています。

「主契約」とは、その保険の中心になるモノであり
「特約」は「主契約」のオマケのようなモノだと考えてください。
木で例えるなら「主契約」は「幹」、「特約」は「枝葉」になるわけです。

 

そして、この主契約と特約の関係を定期付終身保険に当てはめると、
終身保険部分(主契約)は保険料が一生涯上がらず、
定期部分(特約)はある一定期間(満期)を過ぎると
当然その特約保険料は上がるという仕組み
になっています。

これが、日本人が最も多く加入しているといわれる
定期付終身保険の仕組みです。

 

『私は終身保険に加入してます』
と言われる方で実際に保険証券を確認してみると
実はこの定期付終身保険に加入されている方が非常に多いです。

そして、ある程度の年齢になり更新の案内がと届き、
その保険料の高さに驚かれた、という方は実はものすごく多いです。

 

定期付終身保険が悪い保険だとは言いませんが、
こういった仕組み自体を理解しておかなければ、
結果として大変な思いをされることがあるかもしれません。

そうならないためにも一度、
あなたもご自身の保険証券を確認してみてください。
終身という記載に加えて〇年〇月〇日まで、のような記載があれば、
その部分が定期部分になり保険料が上がっていく部分です。

そして定期付終身保険のメリット・デメリットを知った上で、
上手に保険の見直しをされてみてくださいね!

 

というわけで本日は定期付終身保険についてでした。

 

また、宮崎で保険の見直しを考えている方で、
気になる点や聞いてみたいことなどがある場合は
いつでもお気軽に保険セブンの高妻までお問い合わせ下さい。

あなたの現状を一緒に把握、そして共有して、
あなたに最適な保険を一緒に作ってみましょう。

 

本日は以上です。
それでは、また次回!

 

 

 

 

 

2 Responses to “定期付き終身保険とは?”

  1. […] >>定期付終身保険の記事についてはこちら 上記の記事でもお伝えしたとおり、 定期付終身保険というのは終身部分と定期部分で構成されています。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ