【2018年版】住宅火災保険がまたまた値上げ!?

おはようございます。保険セブン宮崎本店の高妻です。連日の投稿です。今日は火災保険の情報提供となります。

先日、当社の営業会議で情報共有されたもので僕自身も調べてみたのですが、住宅火災保険がまた値上げになる可能性があります。というのも先日、こんなことが公表されていました。

2018年6月15日
損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構【略称:損保料率機構、理事長:浦川道太郎】は、「損害保険料率算出団体に関する法律」(料団法)第9条第1項後段の規定に基づき、火災保険参考純率および傷害保険参考純率の変更に関する届出を、2018年5月21日付で金融庁長官に行い、同年6月15日に適合性審査結果通知を受領いたしました。

概要については以下をご参照ください。

>>損害保険料率算出機構の公式ホームページより抜粋

上記ホームページ内の『火災保険参考純率改定のご案内』のPDFをご覧いただくと分かると思いますが、改定率が最大に上がる地域に【M構造】は鹿児島県、【T構造】は熊本県、【H構造】も熊本県と、九州地区が2県も入っています。

ということは、九州内のその他の県、、、つまり宮崎県も値上げになる可能性が十分に考えられるということです。

各社の保険料はこの参考純率を参考に独自に決めるシステム!

各保険会社というのはこの参考純率を提供している『損害保険料率算出機構』という組織の会員になっていて各社の被害状況(支払状況)などのデータを提供しています。そして、各保険会社が提供したデータをもとに定期的に適正な保険料となるベースの料率を決定しているわけです。

>>会員保険会社の一覧はこちら

そして、支払いの増加で皆さんから預かる保険料に対して支払う保険金が多くなる状況(損害率の悪化)になると参考純率が引き上げられる、、、つまり”保険料の値上げ”という形になるわけです。

今回の火災保険参考純率改定の背景にもやはり自然災害の保険金支払いの増加が背景にあるということです。

記憶に新しいのは2015年10月からの火災保険の値上げ!

実は3年前の10月(2015年10月)に火災保険の値上げがありました。全国的に値上げになったようですが、この九州地区は当時も25%前後の保険料の値上げでした。僕自身もそのあたりの話をお客さまに伝え、値上げ前に中途更改という手続きをしたのをはっきりと覚えています。

この、2015年10月の火災保険値上げの記事に関しては、僕の運営するマンション保険の専門サイト(火災保険)のほうで書いていますので参考にしてみてください。

今回の改定に伴い、各保険会社の保険料がどのようになるのかは現時点でははっきりしませんが、いずれにしても火災保険の値上げがあるかも、、、ということは頭の片隅に入れておいても良いかと思います。

ちなみに地震保険も2019年1月より値上げになりますので、そちらも頭に入れておいたほうが良いでしょう。火災保険も地震保険(←これは決定)も値上げになる可能性があります。地震保険の値上げに関しての記事も同じくマンション保険サイトのこちらのページに書いてますので参考にしてみてください。

各保険会社の保険料がどれほど上がるのかは現時点では未定!

今回の損害保険料率算出機構が公表した火災保険参考純率改定については確実に決定されたもの。そして、各保険会社はこの参考純率の改定を参考にして保険料を上げるのか?どうするのか?上げるのならどのくらい上げるのか?を決めていきます。

そして、この部分に”各社の差”が出てくるわけです。

2018年7月時点ではまだ各社の決定はされておらず、これからというところです。そして、決定した保険会社が保険料を上げるタイミングも自由なので、A社は2019年の9月から値上げ、B社は2019年の12月、C社は2020年の3月というような感じになるということです。

ですので今後、僕も火災保険の値上げに関しては動きがあったらこのブログ、もしくはマンション保険の専門サイトのほうで情報発信したいと思いますので宜しくお願いします。

最後に!

最後にとても大切なことを書きます。

こういう火災保険の値上げが決定して間違いなく言えることは、各社の保険料は確実に大きな差が出てくるので必ず保険料の比較をしてください。

これは非常に重要なことです。これをしないと本当にものすごく高い保険料を支払う可能性がありますのでこの部分に関してはしっかりとアために入れておかれたほうが良いと思います。

保険セブンは各社の保険料を比較していただき、あなた自身に決めていただくというやり方をしますので、モヤモヤして契約をするということはありません。その点はご安心ください。

火災保険で悩まれたら、まずは保険セブンまでご相談いただければと思います。

本日は”【2018年版】住宅火災保険がまたまた値上げ!?”についての情報提供でしたm(__)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ