保険代理店として一番嬉しいと思える瞬間

お世話になります。保険セブン宮崎店の高妻です。今日は保険代理店として一番嬉しいと思える瞬間がどんなときか??ってことをお伝えしたいと思います。

代理店さんによって嬉しいと思える瞬間は異なるかもしれませんが僕にとっての嬉しい瞬間はこんな時です。

 

保険金の支払いの連絡をする時

僕にとって一番嬉しい瞬間というのは、やはり保険金の支払いのご連絡をする時ですかね。もちろん契約を頂くときも嬉しいのですが、契約は入口であって出口ではありません。

何のために契約を預かるのか??と聞かれれば、それは間違いないく事故など不測の事態が起きた時にお客様の力になるためであり、これが出口です。ですから、この出口の対応がしっかりとできる瞬間こそが僕にとって一番嬉しく感じる瞬間なんです。

事故が起きてお客様が大変な想いをされているからこそ、保険というもので力になれることが嬉しく思います。

保険の営業の方の一般的なイメージってどうでしょうか?

『契約の時にしか顔出さない。』

こんなイメージの方は非常に多いと思います。確かにそう思われても仕方ないと思います。事故などなければ基本的に年に一度の契約更改の時にしか会わないお客さまだっています。もちろん、本来であればすべてのお客様に定期的に顔を出すべきだと思います。

でも、実際になかなかそうできないので、せめて事故の際にはしっかりと対応をしようと心に決めています。だからこそ、事故が起きて実際に支払いのご連絡ができる瞬間というのは嬉しく感じるわけです。

今回、この宮崎には台風24号が直撃し、僕にも結構な数の連絡がありました。でも、不謹慎かもしれませんが、そういった電話を受けるたびに何かメラメラ燃えてくる感情があったのは事実です。

『こんなときこそ僕の出番だ!!!』

そんな気持ちでした。実際に、今日時点でまだすべての保険金の支払いは完了していませんが、順次ご連絡をさせていただいています。そして、被害者の方(契約者の方)と直接お電話でお話しして喜んでいただいている声を聞くと本当に嬉しいと感じます。

 

忘れてはいけない縁の下の力持ち

また、こういった大規模な事故の際に本当に頑張っている各社の査定チームのメンバー。

きっと、今回の台風24号はあなたが想像している以上の被害件数です。そんな件数を一日でも早く支払いができるようチームで協力しながら処理に当たっています。決して表舞台には出てこないメンバーですが、こうした大規模災害の裏にはこのような縁の下の力持ちがいることも是非とも知ってほしいと思います。

繰り返しになりますが、大規模な災害があったときは保険代理店が窓口にになり査定チームと連携を取りながら迅速な対応に努めています。

それは、すべて契約をしてくださっているお客さまの力になるためです。そして、こんな時こそ保険代理店として一番頑張らなければいけない場面ですし、その結果として良いご報告がお客様にできる瞬間こそが保険代理店として一番嬉しいと感じる瞬間になります。

今回は台風24号を通じて改めてそんなことを感じたので書いてみました。本日は以上です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ