自動運転の普及と今後の課題、そして自動車保険はどうなるのか?

 

お世話になります。保険セブン宮崎店の高妻です。今日は自動車保険の情報提供です。現在、多くのメーカーで進められている自動運転関する技術開発ですが、実現すれば非常に便利なる反面、様々な問題が出てくる可能性があるようです。

今日はそんな話をしたいと思います。

 

『自動運転』の普及と今後の課題

『自動運転』については、現在多くのメーカーが自動運転システムに係る技術開発や公道実証実験を行うとともに、その実用化・普及に向けた取組が急ピッチで進められています。

『自動運転』と聞くと、

  • 人がいなくても、自動で車が動いて目的地まで連れてってくれる車
  • 自動ブレーキシステムがついてれば自動運転

など、人によってイメージが異なることがあると思いますが、「自動運転」のレベルは1~5まであり、以下のとおり定義づけられています。運転主体が運転者からシステムに変更するレベル2とレベル3の間には非常に高い壁があると言われているようです。

 

 

『自動運転』は自動車事故の削減に加え、交通渋滞の緩和、環境負荷の軽減等、交通社会の抱える課題の解決に加え、高齢者等の移動手段の確保等、社会的課題に対しても新たな解決手段を提供する可能性があります。ただ、こうした大きな期待が寄せられる一方で、今後問題になるのは、運転主体をシステムに依存させたレベル3以上の自動車が発売されると、事故の原因にシステムの誤作動や欠陥が疑われるケースが増えると予想されることです。

では、そうした場合の責任の所在や被害者への補償はどうなるのでしょうか?

国交省は2016年秋に法律の専門家などの有識者による「自動運転における損害賠償責任に関する研究会」を立ち上げ、こうした課題について議論を進めているようで、レベル4までの自動運転車の事故については、システムに欠陥があっても自動車損害賠償保障法(自賠法)に定める運行供用者(車の所有者や事業者など)が損害賠償義務を負う(=自賠責保険での対応)という方向性が示されました。

ですが、自賠責保険を超過する対人賠償額が発生した場合や自賠責保険の補償対象外である対物賠償責任事故が発生した場合、責任の所在や被害者への補償はどうなるのでしょうか?

「自動運転」でシステムの欠陥・障害などに起因した事故が発生した場合、事故の原因・責任関係が複雑化するのは必至であり、法的な整備と被害者救済の仕組みづくりは今後の大きな課題となっています。

 

自動車保険も今後は進化していく必要がある!

世の中が大きく変わっていけば当然、そこに関連する様々は課題や問題点というのは出てくるはずです。便利になる一方でそこに対応できるような体制が整わなければ安心して活用することはできません。

その1つが自動車保険です。

先に書いたように、人間ではなく機械(システム)の欠陥や誤作動により事故があれば、『それって誰のせいなの??』ということになることは安易に想像できると思います。それこそ責任のなすり合いがはじまりますね。そして、こういった部分がしっかりと解決されない以上はやはり不安が常に付きまとうため、安心して利用できない・・・ということになるはずです。

だからこそ、自動車保険もこういったことに対応できるよう進化してく必要があると思いますし現に、保険会社によって自動運転に対する新たな特約を新設したりという動きがでてきています。

今後の変化にも対応できるような商品開発が各社で進んでいくことを願います。

 

まとめ

最後になりますが、とにかく世の中が便利になる一方で、これまでと同じでは対応できないことも増えてきます。私たちも、こういった世の中の流れに対して各々が情報収集をしておかなければ時代の流れに取り残されていきかねません。

そのためには、あなた自身がアンテナを張っておくことも大切だと思いますし、私も価値ある情報提供に努めていくことが義務だと思います。

というわけで、本日は自動運転に関係する情報提供でした。最後までお付き合いくださりありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ