保険の基本は3種類!

お世話になります。
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日のコンテンツはこちら。

『保険の基本は3種類!』について。

 

これまでの話と前後しますが、
本日は保険の基本となる3種類の商品についてお伝えします。

この3種類を理解しておくだけで、
おどろくほど保険の見直しが簡単になりますので是非、覚えておいてください。

 

現在、生命保険や医療保険は各社から数多くの商品が販売されていますので、
ややこしく感じるのも無理はありません。

ただ、保険の種類をよく見てみると
実は、基本パターンというのはたったの3種類しかないんです。

 

①、定期保険タイプ
保障期間が限られている保険がこのタイプになり、
死亡保障にも医療保障にも定期保険があります。
基本的に掛け捨てになるため加入時の保険料は安く済む反面、
更新時や保障期間が切れた後の再加入の際には保険料が高くなります。
(その年齢での保険料になるため。)
また途中解約しても解約返戻金はほとんどありません。

メリット・・・保険料が安い
デメリット・・保障期間が限られる

 

②、終身保険タイプ
保障が一生涯続く保険がこのタイプになり、途中で保障が切れることがなく
保険料も上がらないので安心できます。
ただその反面、定期保険に比べて保険料は高くなります。
定期保険のように掛け捨てではなく、一般的な終身保険は途中解約すると
解約返戻金が戻ってきます。
現在は、保険料払込期間中の解約返戻金を少なくする代わりに
保険料を安くする「低解約返戻金タイプ」も人気があります。

メリット・・・保障が切れることはない
デメリット・・保険料が高い

 

③、養老保険
定期保険タイプ同様、保障期間が限られているタイプ。
ただし、満期まで保険金の支払いがないと、保障額と同額の満期金が受け取れます。
例えば死亡保障100万円の養老保険に加入した場合、万一途中で亡くなっても100万円、
満期を迎えても100万円が受け取れます。保障と貯蓄を兼ね備えた保険。

メリット・・・保障と貯蓄が両立できる
デメリット・・保障期間が限られる

 

保障期間が限られているものについては定期保険と養老保険になり、
一生涯の保障があるものは終身保険になります。

また貯蓄性については、終身保険と養老保険にはありますが定期保険にはほとんどありません。
保険料についても貯蓄性が高い商品はその分保険料が高くなります。

 

このような感じで、基本は3種類の保険になり、
現在の保険というのも、これら単体かこれらを組み合わせて作られていますので、
ポイントさえ押さえておけば意外と簡単に理解できると思います。

数多くの保険が出ている状況であなたも自身も
保険はややこしい・・・というイメージを持たれているかと思いますが、
以上のことをまずは覚えておくと、より理解できると思います。

 

というわけで、本日は『保険の基本は3種類!』についてでした。

また、宮崎で保険の見直しを考えている方の中で、
気になる点や聞いてみたいことなどがある場合には
いつでもお気軽に保険セブンの高妻までお問い合わせ下さい。

一緒に問題解決しましょう!

 

それでは本日は以上です。
また次回!

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ