高額療養費制度とは!?

お世話なります。
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日のコンテンツはこちら。

『高額療養費制度とは!?』について。

 

病気やケガなどで治療が必要な時に
知っておきたい公的制度が『高額療養費制度』ですね。

すでにご存じの方も多いと思いますが、
ここでもう一度おさらいの意味も兼ねてお読みください。

高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)とは、
公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、
暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、
その超えた金額を支給する制度です。

高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

(厚生労働省ホームページより引用)

要は、月初から月末までを1ヶ月と考え、その期間中にかかる治療費が
ある一定以上の金額になると、それ以上は支払わなくて良い!
という、とてもありがたい制度のことです。
(※年齢や所得に応じて一定額の基準は違います)

 

通常、入院や治療を受けて病院などに医療費を払う場合は、
あなたが窓口で払う金額は3割分で良いですよね。

大した病気やケガでなければ医療費の負担が高額になることはありませんが、
長引くような入院を伴う治療についてはどうでしょうか?

 

こういった場合、3割の自己負担で済むといえども、
高額な負担になるケースも出てくると思います。

そして、このような場合に役に立つのがまさしく
『高額療養費制度』になるわけです。

 

実際にある一定以上の金額とはいくらなのか?というと、
3段階に分かれているのですが、一般の方でいうと、
およそ8万円がこの金額にあたります。

ちなみに高額療養費制度は下記のような所得区分で分けられています。

  • 上位所得者(月収53万円以上の方など)
    150,000+(医療費-500,000円)×1%
  • 一般
    80,100円+(医療費-267,000円)×1%
  • 低所得者(住民税非課税の方)
    35400円

また会社員の方であれば、
務めている会社によっては上記に加えて付加給付がある場合もあります。
これは自己負担の金額をさらに低くしてくれるので、分からない場合には
一度確認してみると良いかと思います。

 

こう考えると、たいていの場合は、
1ヶ月の医療費は最大で8万円になり、1日に換算すれば約2700円となります。
※上記に含まれる部分というのは、あくまで健康保険が適用される治療費に対してですので、
食費や個室に入った時の差額ベッド代などは含まれません。

このように、高額療養費制度などの便利な公的制度を知っておくと
もし、あなたが入院をするようなことになった場合でも慌てる必要はありません。

 

また医療保険を考える際にも、上記のことを踏まえると、
入院日額が1日5000円あれば最低限医療費は賄えることになります。
そしてこれに加えて、入院することで不足する収入の補填分を
入院日額の5000円にに上乗せしていけば良いかと思います。

医療保険を新たに加入される方や、これから見直しを考えている方は是非、
この高額療養費も頭に入れながら保障内容を考えると良いと思います。
参考にしてみて下さい!

 

というわけで本日は『高額療養費制度』についてでした。

 

また、宮崎で保険の見直しを考えている方で、
気になる点や聞いてみたいことなどがある場合は
いつでもお気軽に保険セブンの高妻までお問い合わせ下さい。

 

それでは本日は以上です。
また次回!

 

 

 

 

 

2 Responses to “高額療養費制度とは!?”

  1. […] そもそも高額療養費制度って何ぞや??という方は先にこちらをお読みください。 […]

  2. […] での個室でした。高額療養費の申請などは済ませましたので、一定額以上の治療費を払う必要はありません。(参考:『高額療養費制度とは!?』、『高額療養費制度の変更について』) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ