引き受け基準緩和型保険とは?

お世話になります。
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日のコンテンツはこちら。

『引き受け基準緩和型保険とは?』について

 

最近では、この『引き受け基準緩和型保険』という呼び名を
耳にしたことのある方も比較的増えたのではないでしょうか?

それだけ各生命保険会社での取り扱いも増えましたし、
色んな雑誌やCM等でも頻繁に紹介されている保険です。

 

では、この引き受け基準緩和型保険とは一体どういう保険なのでしょうか?

 

通常、生命保険や医療保険に加入する際には、
契約する時点で必ず告知書というものが必要になります。

この告知書は、現時点のあなたの健康状態を把握するためのもので、
告知項目に該当する場合、一部の条件が付いたり、
最悪の場合は引受ができないというケースもあります。

 

また、告知項目は約10項目くらいあることが一般的で、
各項目に【はい】があると、詳細を記入してその内容を保険会社が判断し可否を決めます。

この時に告知状態に何も問題がなければ保険の契約はできますが、
持病をお持ちの方や過去に傷病履歴のある方などは
先ほどお伝えしたように加入できない場合もあるのです。

 

では、こういった方々がまったく保険に加入することはできないのか?というと、
こんな時に役立つのが『引き受け基準緩和型保険』になります。

 

引き受け基準緩和型保険の大きな特徴は、
通常の保険よりも告知項目が緩やかになっているという点。

告知は必要なので誰でも加入できるわけではないですが、
告知項目(4項目程度)が少ないので持病がある方でも加入できるケースが多くなるんです。

そして、死亡保険や医療保険、がん保険など、
現在はこの引き受け基準緩和型タイプのものがありますので
健康上の理由があり加入に困っている方にとっては嬉しい保険です。

 

また、引き受け基準緩和型保険の保障内容部分での特徴としては、
加入後1年間は入院給付金が2分の1になることが一般的です。

例えば、入院日額10000円のプランに加入した場合、
最初の1年間は入院日額が5000円になるという仕組みです。

 

通常の保険に比べると同じ年齢のでの加入時の保険料は割高ですが、
先進医療などの保障もきちんと付いてますし、加入できず無保険という状態を考えると、
検討する余地は十分にある保険商品だと思います。

もし、あなたが何らかの理由で保険に加入できない状態でお困りなら、
一度検討されてみるのも良いかもしれません。

 

というわけで、本日は『引き受け基準緩和型保険』についてでした。

 

また、宮崎で保険の見直しを考えている方で、
気になる点や聞いてみたいことなどがある場合は
いつでもお気軽に保険セブンの高妻までお問い合わせ下さい。

 

それでは、本日は以上です。
また次回!

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ