学資保険で教育資金を準備しよう!

お世話になります。
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日のコンテンツはこちら。

『学資保険で教育資金を準備しよう!』について

 

ご存じだと思いますが、子供の教育費に備えるための保険、それが学資保険になります。子供が小さいうちから18歳くらいまで保険料を払い、入学祝や満期金を受け取るタイプの保険ですね。今では多くの保険会社でこの学資保険という商品を取り扱っていると思います。

では、学資保険を検討する際に、注意しないといけない点はどこでしょうか?あなたが学資保険に加入する目的を考えると簡単です。

 

それが、元本割れしないものを選ぶ!ということ。

 

これは単純な話ですが、長い期間あなたが保険料として支払うお金(積立金)よりも最終的に戻ってくる金額が少ない場合は元本割れになるわけです。こういったケースは実際に良くあるので、この点には加入する際によく打ち合わせをして確認しましょう。

 

では、どうして元本割れは起きるのでしょうか?

 

それは単純に、あれやこれやと保障を付けるからです。よくある話では、親の死亡保障や子供のけがの保障などが挙げられますね。これは心情的には分からなくもありません。これからあなたの大切なお子さんのためにこの学資保険を準備するわけです。そういう親心から、もしもの時の事を考え出すとあれもこれも付けておいたほうが良いのでは?という気持ちにもなるわけです。

ですが、これだけは覚えておいて下さい。

基本的に保障部分というのは『掛け捨て』なんです。ですから、心配だからといって保障を付けていくと、この掛け捨て部分がどんどん大きくなり積立部分に食い込んでいくわけです。そして、結果的には元本割れという望ましくない結果を生むことになります。ですので、そうならないためにもこの点については十分注意して下さい!

 

では、効率的にお金を貯めていく方法ですが、これはやっぱり早めの準備以外にはありません。教育費が一番かかる大学入学時にだけ100万~200万円程度の満期金が出る学資保険に、子供の誕生後できるだけ早めに加入すると返戻率も比較的高くなります。

 

ただ、ここでも1つ注意点があります。それが月々の保険料(積立金)は無理のない金額設定をすることです。

こういった資産性のある保険商品は、基本的に途中解約というのが一番のリスクになり、これは先程の元本割れという話にもつながってきます。ですので必ず続けられる範囲内で加入することが重要です。また理想は、教育費の一部を学資保険で、一部を預金などで貯めることです。

 

他には学資保険ではありませんが、低解約返戻金型の終身保険や定期保険で教育費を貯める方法もあり、こちらの方法は子供の誕生以前から加入できる点と親の死亡時に死亡保険金が出る点がメリットです。また、低解約返戻金型の終身保険の場合、仮に大学入学時に預貯金などで入学資金などがまかなえる場合はそのまま保険を寝かせておくことで返戻金が増えていくというメリットもあります。

 

というわけで、本日は学資保険で教育費を準備する!ということについてお伝えしましたが、どういった方法で加入されるにせよ、元本割れを防ぐことは共通の注意点なので、是非その点を注意して検討されると良いかと思います。

 

それでは、本日は以上です。
また次回!

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ