保険相談はどんなタイミングですればいいの??

お世話になります。
保険セブン宮崎本店の高妻です。

本日から数回に渡り保険ショップや保険代理店の賢い使い方と題しまして、【Q&A】形式で書いていこうと思いますので、ぜひ参考にされてみてください。

というわけで、本日は【保険ショップや代理店の賢い使い方 Q&A】についてです。

 

【Q】どんなタイミングで相談するのが良いの??

【A】これはとても大切なことでもあり、生命保険を考える上で基本的なことになります。というのも、生活スタイルや家族構成が大きく変わった時には、必要な保障の種類・保障額は大きく変わるからです。

例えば、子供が生まれた時などは、まさにそれに当てはまりますよね。夫に万が一のことがあった場合でも、残されたご家族の生活費や子供の教育費など困らないようにしてあげることが、夫としてお父さんとしての役目でもあります。こう考えると十分な保障額の準備が必要だということがお分かりいただけるのではないでしょうか??

 

また、マイホームを購入した時も保険を見直すタイミングでもあります・・・ということをよく耳にしますが、これも一概にそうとも言いきれないので、補足的な知識として覚えておかれると良いかと思います。

 

通常、マイホームの購入時には団体信用生命保険(団信)といわれる生命保険に加入されることがほとんどです。これは融資の際に銀行から加入を義務付けらているのですが、金融商品によっては任意の場合もあります。団信というのは簡単にいうと、ローンの返済者(夫など)に万が一のことがあった場合に返済を肩代わりしてくれる保険になり、この場合、ご家族はローンの負担や家賃の負担がなくなることになります。

このマイホーム購入時の際の保険の見直しも良く考えてもらえれば分かるのですが、もともとの生命保険の保障内容に遺族がずっと賃貸暮らしを続けるという前提で保障額を決めていた場合などは削減できる余地はありますが、もともとそういった内容が保障に組み込まれていない場合は、削減効果はないわけです。

 

とはいえ、ご自身の保障内容を長い期間憶えている方は少ないと思いますので、こういったことがキッカケで保険を見直すというのはとても良いことだと思います。

また、団信が任意の場合は、加入をしないというのはやはり危険ですので、そういった場合は銀行が提示する団信の見積りと民間の保険会社が扱っている団信の代わりになるような商品(収入保障保険など)の見積りを比較して検討されるのも1つの方法だと思います。

 

というわけで、途中から話が脱線しましたが、生命保険の内容というのは時間が経てば誰しも忘れるものなので、こういった1つの出来事をキッカケに見直しをされることをおススメします。仮に見直しをしなくても良い場合でも改めてご自身の保障内容を再確認することはできますので。

 

というわけで、本日は以上です。
また次回!

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ