火災保険で土砂崩れは払われる!?

こんにちは、 保険セブン宮崎本店の高妻です。 本日は住宅の火災保険についてです。 先日お客様から問い合わせがあった件をシェアしたいと思います。 先日お客様からこんな問い合わせがありました。 (以後、K様とします。)

 

『土砂崩れって補償されるんでしょうか?』

 

結論から言うと 土砂崩れは『水災』という項目で補償されます。

 

今回のK様は今から4年ほど前に新築され 私が火災保険をお預かりさせていただきました。 K様宅の環境はご自宅の向かい側にちょっとした山がある そんな環境です。 これがここ数日の大雨(宮崎)でその向かいの山が軽い土砂崩れを起こし K様宅前の道路の半分くらいまでその土砂が落ちてきたようです。 そこで気になってお問い合わせがあったわけです。

 

基本的に火災保険に限らずですが 保険というのは事故の原因がとても重要になります。 事故の原因が水によるものであれば それは『水災』という項目で補償されるわけですね。

水災というと川などが氾濫したときや大雨などでの 床上浸水をイメージされるかもしれませんが こういった水によることが原因で起きる土砂崩れも含まれるわけです。 今はどこの保険会社もこの水災という項目はあり 必要であれば付けておかれると良いかと思います。 もちろん水災を付けることで保険料は上がりますが もしもの時のことを考えると検討してみる価値は十分にあると思います。

 

補足ですが、火災保険というのは基本的に、

  • 火災、落雷、破裂・爆発
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 水災
  • 建物外部からの物体の飛来・落下・衝突
  • 給排水設備の不備による水濡れ
  • 騒じょう。労働争議
  • 盗難
  • 偶然な事故による破損・汚損

に分けられています。

 

現在は各項目を自由に組み合わせ ご自身の住宅環境に合わせた補償内容を自由に設計することができます。 (※保険会社によってはできない会社もあります) 宮崎でこれから新築をお考えの方や何年も火災保険の見直しをしていない、 という方は余裕をもって火災保険を検討してみると良いかもしれません。

※県外の方についてはお見積りのご対応をすることができませんのでご了承ください。現在は下記のようなインターネットで火災保険の見積り比較や資料(見積書)請求が簡単にできるサイトもありますので、そういったサイトが簡単で使いやすいと思います。

>>見積り比較で保険料を節約しよう!

もし、火災保険について分からない点や気になる点などあれば 上記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。 メール、電話はどちらでも構いませんので一緒に考えてみましょう!

2 Responses to “火災保険で土砂崩れは払われる!?”

  1. […] 今日は昨日の内容に関連していますが 『家財保険』についてお伝えします。 […]

  2. […] 以前の火災保険のこちらの記事でも書いたとおり、火災保険は大きく分けると8項目の補償に分かれています。そして、合理的に火災保険をかけようと思えば立地条件によって必要な補償 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ