生命保険料を安くする方法

お世話になります。保険セブン宮崎店の高妻です。今回は生命保険の保険料が安くならないかな・・・と感じている人向けにお伝えしたいと思います。

生命保険といっても今は、死亡保険、医療保険、がん保険とそれぞれ単体の商品に加入するスタイルが主流となっていますので、今回は医療保険とがん保険を安く加入する方法としてお伝えしたいと思います。

では医療保険とがん保険に加入したいけど少しでも保険料を安くするためにはどういった方法があるのか?ということについてお伝えします。

主契約と特約を組み合わせる

ずばり結論から言います。保険料を安くする方法というのは医療保険にがん特約をくっつけて加入するというやり方です。

このように書くと『特約かよ・・・』と感じられる方もいるかもしれません。実際に私も以前ならそう思っていました。ですが先日、ある保険会社の担当者から教えてもらったのですが、今の特約というのは非常に進化していました。

正直、私自身もこれまで医療保険とがん保険を別々に加入することが良いと思っていたのですが先日の話を聞いた限り、医療保険にがん特約という形での加入も全然ありだなと思いました。また、そうすることで別々に加入するよりも保険料は安く済むわけです。

ただし、メリットばかりではありません。

保障内容にしばりがある

保障内容自体は進化しています。ですが、がんの部分を特約として入る場合はすべての上限は医療保険の保障内容を基準に考えなければいけないのです。

分かりやすくいうと、医療保険の入院日額を仮に1日5000円とした場合に、がんの入院・通院の日額を10000円にはできない・・・ということです。あくまで医療保険部分の1日5000円までしか付けれないのです。

また診断一時金もしかり。

医療保険の入院日額の150倍まで・・・とか、そんな形で上限が設けられているので、その医療保険の内容を超えて設定することはできないわけです。これが、医療保険に特約としてがんの保障を付ける際のデメリットになります。

がんの保障を手厚くしたい!と思われる方にとっては向かないやり方になりますが、そういった部分を踏まえた上で保険料を安くしたいと思われるのであれば、個人的には”医療保険+がん特約”という考え方も全然アリだと思います。

最後に

ただし、勘違いをしてほしくないのですが、”保険料”という部分だけに目を奪われ過ぎると本当に大切な部分が見えなくなりますので、保障と保険料の両方を見ながら考えることが大切だと思います。

今回はあくまで”保険料を安くするための考え方”ということで、あくまで1つの参考として、こういう考え方もあるんだよ、というふうに思ってもらえると良いかと思います。

現在の保険は本当に昔と比べて進化しているな~と感じますので是非、そういった部分も参考にしながら検討されると良いかと思います。また、保険についてご不明な点などあればお気軽にお問い合わせください。

これまでもお問い合わせをいただいたりしていますが、私を頼ってくれることに本当に感謝いたします。是非、遠慮なくお声がけください。

それでは本日は以上です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ