建物のオーナーが入るべき保険とは?

お世話になります。保険セブン宮崎店の高妻です。今日は非常に寒いですね。体の芯から冷えるというのはまさにこのことなのかもしれません。温泉が恋しく感じます(笑)

さて本日は、建物(ビル・アパート)のオーナーが入るべき保険とは?ということをテーマに書きたいと思います。

一般的に建物の所有者である以上、火災保険の加入というのはすぐに思いつく保険だと思います。これは別にオーナーでなくともマイホームを建てた時なども同じであなたの所有する建物はあなた自身が火災保険という形で守る必要があります。

当たり前の話ですが、火災保険というのは物損害を補償する保険であり、様々なリスクを補償する内容になっています。また、日本には”失火法”という法律があり、あなたが所有する建物はあなた自身で守らなければいけません。逆に言うと、”失火法”という法律がある以上、となりの建物が火元で仮にあなたの建物に燃え移ったとしても、となりの建物のオーナーは賠償する義務はないのです。(重過失の場合は除きます。)
※失火法についての詳細はこちらの日本損害保険協会のHPをご覧ください。

こういったことからも建物(ビル・アパート)のオーナーが火災保険に入らなくてはいけないことはご理解いただけると思います。ただ、実は建物(ビル・アパート)のオーナーはもう1つ別の保険に加入する必要があります。それは何でしょうか?

賠償保険(施設賠)にも加入しておくべき!

これがマイホームの所有者と建物(ビル・アパート)のオーナーの違いです。

雑居ビルやアパートのオーナーというのは第三者に部屋や店舗を貸し、そこから賃料を得ているわけです。この賃料はご存じのように建物のオーナーが所有するスペースを使わせることに対いしての代金ということですね。そして店舗(テナント)に入る店主は不動産をとおして建物(ビル・アパート)のオーナーにお金を払ってそのスペースを借りることになります。

ただし、そういった契約を結び実際にテナントを改装してお店を営業していくわけですが、このときの改装にかける費用は店舗(テナント)に入られる店主の方が負担することがほとんどだと思います。そして、テナントの店主が負担して改装した部分や新たに買いそろえた設備や什器については当たり前のことですがそのテナントのオーナーの持ち物になるわけですね。(アパートでいうと住人の家財や衣類、食器など)

まずは、ここを理解しましょう。

では、何らかの原因で、それらのものに対して損害を与えてしまった場合はどうなるでしょうか?

そうです。第三者の物に損害を与えてしまったということで建物(ビル・アパート)のオーナーであるあなたに賠償責任が発生するのです。建物(ビル・アパート)のオーナー側に過失があった場合には、間違いなくテナントの借主(店主)へ与えた損害を弁償(賠償)する義務があるのです。

雑居ビルのオーナーとアパートのオーナーを別々に具体例などを見ながらお伝えします。

雑居ビルのオーナーのリスクとは?

雑居ビルのオーナーでよくある事故というのが、やはり”漏水事故”。ビル内の給排水管から水が漏れ、その水がテナントの造作物や設備・什器に損害を及ぼす・・・こういった事故が一般的に多いです。また、ビル内の配線関係がなんらかの原因で漏電し、そこから発火などすることもあります。そうなるとテナント内のものへ損害を与えてしまうことになりかねません。

ただ、上記のように表面的に見える部分は非常に分かりやすいですが街中の雑居ビルなどの場合、ビル側の過失で事故が起きその結果、ビル内のテナントがその事故が原因で休業を余儀なくされた場合、この間の休業損害なども建物(ビル・アパート)のオーナーは賠償しなければいけません。実際に漏水事故や電気系統からの発火での損害など、そしてそれらに起因した間接的な損害(休業損害)などは実は意外に多いものです。

アパートオーナーのリスクとは?

これも基本的な考え方は雑居ビルのオーナーと同じです。アパートオーナーからすると、各部屋には家賃を払って住んでいる第三者がいるわけで、その部屋のなかにはその住人の家財(家電製品、衣類、家具など)があるわけです。それらのものにアパート側の過失で損害を与えてしまった場合、やはり損害賠償となりますね。

また宮崎のアパートでいうとアパートの敷地内に駐車場があるところがほとんどです。そういった住人の車に建物の一部が落下して損害を与えてしまった場合や住人に怪我を負わせた場合も当然、損害賠償の対象となります。これがアパートオーナーにとってのリスクとなります。

セットで考える必要があります!

私自身もこれまで、建物(ビル・アパート)のオーナー様からの火災保険をお預かりさせていただいてますが、必ず火災保険とセットで賠償保険の提示をさせていただきます。基本的に建物(ビル・アパート)のオーナーの方は火災保険のことは意識されている方が多いです。ですが、賠償保険のことまでは意外と気づかれていないオーナーさんもいらっしゃいますので、そこは火災保険と賠償保険をセットで考える必要があります。

あなたの所有する建物を守るのは火災保険、借主への損害を補償するのは賠償保険。これらはまったく別の話になります。すべてが火災保険でまかなわれるということは絶対にあり得ませんので、この点はご注意ください。

今回は建物(ビル・アパート)のオーナーに必要な保険、ということをテーマに書きました。やはり保険はあくまで保険。万が一の非常事態を補償するためのものなので、やはりリスクがある以上はしっかりと保険という準備は備えておきたいものですね。

本日は以上です!

 

※大変申し訳ありませんが県外の方についてはお見積りのご対応をすることができませんのでご了承ください。現在は下記のようなインターネットで火災保険の見積り比較や資料(見積書)請求が簡単にできるサイトもありますので、そういったサイトを活用されてみてください。

>>見積り比較で保険料を節約しよう!

2 Responses to “建物のオーナーが入るべき保険とは?”

  1. […] お世話になります。保険セブン宮崎店の高妻です。本日は昨日の記事に関連している内容となります。建物(ビル・アパート)のオーナーに必要な保険が”火災保険”と”賠償保険(施 […]

  2. […] これは前回も話したので、すでにその時の記事を読まれている方は分かると思いますが、給排水管自体は建物側の所有となり基本的に給排水管の修理費用は上記と同じく”破汚損(その […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ