高血圧でも入れる保険ってありますか?

お世話になります。保険セブン宮崎店の高妻です。本日のテーマはこちら。

 

高血圧でも入れる保険はあるのか?

 

結論からいうとあります。ただし、それぞれの症状の度合いによって結果は異なってきます。高血圧といっても症状の比較的かるい方とそうでない方では結果が異なるという意味です。

生命保険や医療保険、がん保険などに加入する場合は、その時のあなたの体況を告知書にて報告する義務がありますが、その告知書に現在飲まれている薬があるのなら詳細を記入しなければいけません。その内容をもとに保険会社は判断をしていくわけです。

 

今回、高血圧ということをテーマにしていますが、ある程度の年齢の方であれば血圧が高い方というのはいらっしゃると思います。そして、血圧を調整するという意味で病院から薬を処方してもらっている方もいらっしゃいます。

こういった場合、よく聞く薬の名前として『アムロジピン』というものがあります。そして、高血圧といっても症状の軽い方はこのアムロジピンの量も2.5mgなどと少なく、こういった状況であれば通常の医療保険に加入できる可能性は高いのです。もちろん薬名と量以外にも、

 

  • 薬を飲みはじめた期間
  • 何歳から薬を飲んでいるのか
  • 直近の血圧の数値
  • 何種類の薬を飲んでいるのか
  • 合併症はないのか

 

などを保険会社に伝えなければいけません。ですが、アムロジピンというお薬自体は保険会社に確認すると一般的に飲まれている薬のようで上記のような量程度であれば薬自体が保険加入に大きく影響することはないようです。

また、上記のように高血圧でお薬を飲まれている方が保険(生命保険、医療保険、がん保険)の加入を検討される場合、保険御担当者(代理店さんなど)にその旨を伝えれば、ある程度は事前に引受がどうなのか?ということの目安を知ることが可能です。引受の目安は年齢によっても変わってきますが心配であれば一度、事前に確認されてみると良い思います。

 

更に、持病をお持ちの方の引受は各保険会社で査定の基準が違いますので、仮にA社がダメだったとしても諦める必要はありません。その他の保険会社に査定依頼をお願いすれば引き受けてくれる保険会社もあるかもしれません。

少々、時間がかかるかもしれませんが引受基準緩和型の保険に加入するよりは、やはり通常の医療保険に加入できたほうが保障の範囲が広いので安心でしょう。また、引受基準緩和型の保険料は通常のものよりも割高に設定されていますので、そういう意味でも査定は根気強く依頼することをおすすめします。

 

今回の高血圧でも保険会社によっては若干、引受の目安が違うのでそのあたりは保険の担当者に相談してみてください。高血圧だからといって諦めるのではなく、まずは保険の担当者の方に色々と相談してみてください。また、

 

今の担当者以外の方に相談したい・・・
まわりに保険を相談できる人がいない・・・

 

そんな方は私(こうづま)までご連絡いただいても構いません。保険セブン宮崎店で取り扱うことのできる生命保険会社各社に確認をして引受のできる保険会社、もしくは、どういった方法があるのか?などの解決方法をご案内させていただきます。遠慮なくお声がけください。

 

それでは本日は以上です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ