マイナス金利は住宅ローンにはプラス!?

お世話になります。保険セブンの高妻です。昨日からまた寒くなっていますが体調を崩されないようお気を付ください。

さて、本日のテーマは最近ニュース等でよく耳にするこの言葉。『マイナス金利』ということをテーマにしたいと思います。正直、私自身もあまりこういう事情は得意なほうではありませんので様々なところから調べた情報を私なりの解釈を踏まえて書こうと思います。

 

では、マイナス金利が本日16日から導入されるわけですが、これはどうやら地方銀行が日銀さんに預けるお金に対してマイナス金利がかかるようで実際に私たちが預けているお金自体にマイナス金利がかかるわけではないようですね。

日銀さんの目的としては、地銀に対してマイナス金利政策を実施することで、より地方銀行が企業や個人に対して融資を積極的に行うようにさせ、結果として経済自体を活性化させようというのが目的のようです。(と、先日のニュースで言っていました 汗)

ただ、このマイナス金利政策に対しては賛否両論、意見が出ており今後どうなるのかは実際に時間が過ぎることでしか分からないんですかね・・・。

 

とはいえ、今回のマイナス金利政策が私たち一般人にとってどういった影響を及ぼすのか?ということは、知らないよりは知っておいたほうが良いのではないでしょうか?

 

具体的なところでいうと”住宅ローン”。

 

これはニュース等でもやはり取り上げられていた話題です。身近なところで、かつ大きな問題となるのは借入する金額が大きな”住宅ローン”です。私も一度計算したことがありますが、金利がほんの少し違うだけで、支払の総額が大きく異なり、それはもう驚きました。それほど、住宅ローンの金利というのは大きなポイントです。

 

その住宅ローンの金利が、今回のマイナス金利政策によって引き下げられるというのです。

 

すべての銀行がそうなのか?といわれると、正直分かりませんが、少なくとも三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などは一部の住宅ローン金利を引き下げる発表をすでにしているようです。

この宮崎でも普段、車を走らせていると未だに多くの新築現場を見かけます。そして、当たり前ですが、どちらかの金融機関で借入をしていると思います。タイミング的には住宅ローンが引き下げられる流れになっているので非常に良いタイミングかもしれません。

 

ただ一点。いつも思うことがあります。それが、

借入をされる際に施主様自身が自ら金融機関の金利の比較をしているのか?

ということです。

実際にこの宮崎だと金融機関というのは限られていますが、今はネットが普及しているので簡単にネットから金融機関の比較をすることが可能だったりします。それは、この宮崎という地方に住んでいても同じこと。

 

また、金利が低くなる流れになると新築を建てられる方以外にも、既に持ち家を持ってらっしゃる方の”借り換え”もそうです。

以前の借入であれば間違いなく今よりも金利が高かったでしょうから、今のタイミングで借り換えができるのならやはり借り換えをすることはお得と言えると思います。実際に私のところにもよく銀行さんから『借り換えませんか??』コールがかかってきます(笑)

ただ、1つの金融機関の話だとあくまでその銀行さん内の話であって他行さんと比較をしているわけではありません。だから、A銀行よりもB銀行、というようなことも分かりませんね。非常にもったいないと思います。

 

私も当ブログで保険セブンが総合代理店として色んな保険会社の商品を比較していただけます!と伝えておりますが、まさしく住宅ローンもそれと同じことが言えるんじゃないでしょうか?

すこしでも損をしないためにも、どうされるかは別として一度、複数の金融機関を比較されてみると良いと思います。今は下記のような複数の金融機関を一括して申し込めるようなサイトもあったりするので参考までに紹介しておきます!(現在、クオカードプレゼントキャンペーンを実施中のようです。)

住宅ローンの支払い総額は比較の有無で決まる

 

というわけで、本日はマイナス金利と住宅ローンの関係についてでしたが、今後も私たちの暮らしにこういった大きな政策がどのような形で影響するのかはじっくりとアンテナを張っていなければいけませんね。宮崎のような地方は都心部と比較すると影響を感じるにはタイムラグがありますが、今より少しでも住みやすい街になることを心から願うばかりです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ